当社基本仕様

たいていの方が一度建てたら、一生涯住み続ける事になるのが住宅です。だからこそ、絶対に妥協してはいけないと考えているポイントがあります。
今までの経験の中で本当に良いと思えるものをお勧めしたい。そんな思いで、当社は家づくりを行っております。

外断熱

 

外張り断熱とは?

家には必ず断熱が行われています。断熱が行われていないと、外気の影響を受けてしまいます。
その断熱の工法の一つが外張り断熱です。一般的な断熱工法には外張り断熱と内断熱(充填断熱)があります。

■外張り断熱

外張り断熱は断熱材を柱の外側に貼り、家全体を断熱材で包み込むような断熱工法です。断熱材が途切れないので家の断熱効果が非常に高いとされています。

■内断熱(充填断熱)

従来一般的な断熱工法で、柱と柱の間に断熱材を敷詰める断熱工法です。柱などで断熱材が途切れるてしまうので、外張り断熱に比べ熱橋の可能性が高いです。
※熱橋(ねっきょう)とは・・・外壁と内壁の間にある柱など建物の内側と外側の熱伝わりやすい場所です。熱橋は断熱性能の低下につながります。

外張り断熱は、施工実績豊富な会社に依頼することが重要です。施工さえきっちりと行えは、暖房効率がよく冬は暖かく夏は涼しい快適な住宅です。
当社では、今まで多くの外張り断熱の家を建築してきましたが、やはりと外張り断熱の家は断熱効果が違うと感じます。冷暖房の効きが違い、1箇所で冷暖房をつけておくと家全体が快適になると言っても過言ではない程です。

4寸角柱

一般的に使用する柱(3.5寸)でも検査に合格する事は可能です。ですが後から変更が出来ず、見えなくなってしまう柱だからこそ、当社ではひとまわり大きい柱を使うことで耐久性を高め、お客様の大切な暮らしを末永く守ります。

ベタ基礎

基礎自体を一体の箱型にしてしまい、地面との接地面積を広くとり、地面にかかる圧力を低減させる「ベタ基礎」。布基礎と比較して、基礎全体で住まいを支えるため、荷重が分散しやすく最小限の地耐力での建物の支持が可能!不同沈下を防ぎ耐震性も向上させます。
ベタ基礎は建物を地面にしっかりと固定・支持するという役割はもちろん、木造住宅の天敵とも言える湿気の上昇を防ぐ重要な役割を果たします

また、見えなくなる場所だからこそ、間違えの無い細かな鉄筋ピッチを採用しています。

まだまだ、他にもこだわりのポイントがございます。
ご希望の方には、実際の施工現場や完成済みの物件をご案内しております。お気軽に何でもご相談下さいませ。